アクセス解析とは

アクセス解析

アクセス解析とは、アクセス解析ツールを用いて、ウェブサイトに訪問してくれた人々の環境や足取りを解析することです。訪問者のことを知り、ウェブサイトへのアクセス状況を客観的に見ることで、ウェブサイトに様々な改善を加えることができます。

 

アクセス解析ツール

アクセス解析ツールには性能の差なども多少ありますが、そのデータの取り方には3つの種類があります。

 

サーバログ取得型

アクセス解析ができるツールとしては最も古いスタイルがこのサーバログ取得型です。

ウェブサーバに残っているアクセスログを定期的にダウンロードし、コンピューター上で動作する解析ツールを使って処理します。解析結果は基本的にブラウザで表示されます。

ウェブページに置いている画像などのファイルへのアクセスまでカウントすることができますが、ブラウザの戻る機能を使ってのアクセスは、サーバーからデータを取る形のアクセスではないため、アクセス数としてカウントされません。

あまり頻繁にログをダウンロードするようにしていると、解析するログの容量が多すぎて、解析のために使うマシンを圧迫してしまうこともあります。

 

ウェブビーコン型

現在、最も一般的に普及しているものがこのウェブビーコン型と呼ばれるアクセス解析ツールです。

解析を行ないたいページの全てに、解析用のJavaScriptを埋め込んでおく必要があります。このアクセス解析ツールはJavaScriptが埋め込まれた全てのページの解析を行ないます。このため、JavaScriptをオフにしているユーザーのデータは解析されません。

このウェブビーコン型のアクセス解析ツールは、大手の企業が提供するサービスに含まれたりもしています。サーバログ取得型に比べると、ほぼリアルタイムでの計測が可能です。解析結果はブラウザなどで表示されます。

 

パケットキャプチャリング型

これは、Webサーバに流れる音声や文書、画像等のデジタルデータが移動するときの様子を直接監視して、その状況を解析マシンに送信して解析するタイプのアクセス解析ツールです。

パケットキャプチャリング型のアクセス解析ツールを利用するには、自社用のマシンが必要になります。このため、コストがかかりますが、完全にリアルタイムの解析ができるのが特徴です。

コメント欄は閉じられています。