データから改善できること

改善

アクセス解析を実施して得たデータは、ウェブサイトの改善に活かすことができます。具体的にどのように活かせば良いのか、データを見ただけではわからない、という方は、日々のアクセス数などを見て一喜一憂するだけになってしまうことでしょう。

しかし、アクセス解析の結果には、見逃せない情報がたくさん詰まっているということを忘れてはいけません。ユーザーはサイトにたどり着く前から、サイトを去っていくまでに、様々なヒントを残していってくれています。これをヒントと捉えるか、単なる結果と捉えるかには、大きな違いがあります。

 

ユーザーの分析

ユーザーの分析とは、ウェブサイトを訪問したユーザーが、サイト内でどのように行動していたか、どんな傾向があるかなどを把握するためにデータを分析することです。

あらゆる層の反応や、コンバージョン率を見ることで、ウェブサイトがリピーターにとっても、初めて利用した人にも使いやすいものになっているかどうか、狙ったターゲットのニーズに応えられているのかどうかなどを知ることができます。

 

リンク元の分析

ユーザーがどのようなサイトからやってきたのか、リンク先を見て分析します。

これによって、外部で自社のサービスについてどのような口コミがされているか、その口コミを見てやってきたユーザーがサイト内でどのような行動をとったかなどを知ることで、今後のプロモーションのやり方や、品揃えのしかた、商品を開発する方法などについて、考え直すことができます。

 

キーワードの分析

リンク元が検索サイトであった場合は、どんなキーワードで検索して来たのかを知ることで、ユーザーの求めているものがわかったりします。

ユーザーがキーワードを検索にかけてウェブページを訪れるときには、何かを求めているときです。そのユーザーが開いたページでそのまま離脱してしまった場合は、このウェブサイトには欲しい情報がなかったか、見つかりにくかったということになります。

これを反省点にして、サイト内のコンテンツの見直しを行なったり、強化した方が良いキーワードを見極めてSEO対策に活かすことなどができます。

 

直帰率と離脱率

上にも書きましたが、ユーザーが離脱してしまうことが多いページはどこなのかを調べることも重要なことです。

ユーザーがページから離脱するのには2つの状況があります。1つはあるページを見てそのまま離れてしまう状況。もう1つはサイト内を閲覧してまわっていたユーザーがあるページで離れてしまう状況です。

ウェブサイトの中には、このどちらかの状況を起こす率の高いページが存在しているはずです。アクセス解析でこれを見つけ出すことによって、ユーザビリティの見直しを行なったり、検索キーワードの内容と合致していないページ内容を修正するなどの改善を施すことができます。

コメント欄は閉じられています。