ターゲットの明確化

ターゲットの明確化とは?

Web集客力の高いWebサイトをつくるのに必要なこととして、まずはターゲットの明確化が挙げられます。

ターゲットの明確化とは、ネットを利用しているたくさんの人の中でも、どのような人を対象にしてサービスを提供するのかを決めることです。

Webサイトでビジネスを行なう人が最初に陥りやすい罠は「できるだけ多くの人にサイトを見てもらってできるだけ多くの人に商品を利用してもらいたいのでターゲットを明確にしたくない。」という気持ちになってしまうことです。

これはある意味では意欲的なことですが、なぜこのような気持ちになることが逆に失敗に繋がってしまうのでしょうか。

 

明確化しないと難しい

サイトのデザインや文章の在り方等を考える際、どのようなターゲットに向けてメッセージを発信したいのかを考えていなければ、イメージのはっきりしたサイトにすることはできないでしょう。

たとえば、エコに興味のある人のためのページなら、グリーンを多く使い、植物のイメージやクリーンな自然のイメージなどを強調するように、どんなことに興味を持っている人に見せるページなのかによって、必要となってくるデザインが変わってくるのです。

エコに関連するページのつもりで見に来たのにいきなりページがエコと関係のない話題や商品の広告で埋め尽くされたりしていると、閲覧した人はそこが何のWebサイトなのか、一気にわからなくなってしまい、もっと目的のわかりやすいWebサイトに移動してしまいます。

もう一つ例を挙げるなら、女性向けの雑貨を売るためにWebサイトをつくったのに、黒系のシックなデザインのページに、ビジネスマン用のシステム手帳の宣伝広告などが前面にあったりすると検索で「女性向け雑貨」を探してそこまできた人は「?」となるわけです。

このようにWebサイト上に置かれるアイテムがテーマと違ったものになってしまうことはよくあります。しかしこれでは、新たな層をつかむどころか、もともと探してきてくれたメインのターゲットまで逃してしまうことになり、Webサイトの運営は難しくなってくることでしょう。

 

ターゲットを明確化するには

ターゲットを明確化するには、サイトのキャッチコピーや、検索される際に引っかかるであろう単語と、Webサイトのデザインのイメージを統一感のあるものにすることが大切です。

たとえばインテリアグッズを売るためのサイトなら、どのようなタイプのインテリアグッズを揃えているのかを明確にすることが必要です。ただインテリアグッズを売っているというだけではだめなのです。インテリアグッズにも様々な雰囲気を持ったものがあります。

ナチュラルなイメージのインテリアグッズを取り揃えているショップなら、色合いもやわらかな自然をイメージさせるようなものにし、フリーハンドのような字体で書かれたキャッチコピーを乗せたりなど、イメージによって工夫することができます。

どんな人にでも「ほう、これはナチュラルな感じのインテリアグッズを売っている店のサイトなんだな」とわかるようにしてあげればいいわけです。

ここで誘惑に負けて「アーバンなイメージの商品も取り揃えております。」とか「アメリカンビンテージな家具があります」とか言うメッセージをキーワードやキャッチコピーに加えると、イメージは一気に分散されて、よくわからなさが増してしまいます。どれもおしゃれではありますが、混ぜると難しいのです。

ターゲットをできるだけ絞って明確にするということは、その分だけ情報の範囲は狭くなるということですが、情報を狭く深くすると、一定の人々にとってそれは外せない、重要な情報となるわけです。

コメント欄は閉じられています。