復職支援プログラムの内容

ストレスの多い現代社会において心の病を患う人が増加しています。
仕事や家庭などの日常で受けるストレスをいつまでも回復できずに気分が沈んだまま、
心と体全体のバランスが崩れてしまい日常生活に支障をきたし、
仕事を休職することになる人も増加しています。
うつ病になって休職をした後でもスムーズに職場復帰をするための復職支援があるのをご存知でしょうか?

一般的に、リワークプログラムと呼ばれていて、
最終目標の復職まで本人に合わせた段階的な目標を設定し
確認しながら進めていくものです。
実際に今回は医療法人財団厚生協会 東京足立病院で行われている
リワークプログラムを紹介しますので、参考にしてみてください。

①生活リズムの調整
自分自身で活動性を調整できるようになるために、リワークプログラムに定期的に通い、
生活のリズムを整えます。
具体的には、通勤トレーニングとして出社を想定した時間に起床し、
通勤と同様のことを行い、体力の回復度や疲労を自覚します。

②必要な能力の回復
集中することで症状を治療しながら一定時間作業に取り込む練習を行い、
集中力や注意力を業務回復します。
これにより、症状を治療するのと業務に必要な能力を回復させていきます。

③再発の予防
病気が再発し再び休職することがないように予防をするため、
病気がどのような仕組みで起こるかを学び、セルフケアできるようにします。

④交流する力
一定時間の集中力や集団生活でのストレス、疲労感を自覚するため、
他の参加者たちと一緒に共同作業に取り組みます。
これによって、集団で自己をコントロールできるようにします。

⑤回復度の把握
復職準備の整い具合を把握が目的です。
出席率や集中力、協調性、意欲を定期的に評価します。
評価といっても本人の回復度合いを把握し、
ケアにどのくらい時間をかけることが必要かを把握するものです。
目標に追われ無理をして回復を早める必要はありません。

以上が、医療法人財団厚生協会 東京足立病院での復職するまでの
リワークプログラムの例です。

復職するまでこんなにたくさんのことをやらないといけないの。。。
と不安になるかもしれませんが、プログラムの目的は
自らを追い詰めることではなく、無理なく、スムーズに
復職できるまで回復することを目指しています。

そのため随時、専門家と相談を行い本人の状況を確認しながら
負荷にならないように行われていくそうです。
そして、復職に一番大切な、本人の復職への意思を
尊重しながら進めていくそうですので、
気になった場合は、機関に相談してみてはいかがでしょうか?

コメント欄は閉じられています。