太陽光住宅にする場合はどのくらいの価格になるか

太陽光発電を導入するにはコストがかかります。
費用としてはシステム価格・工事費などがあります。

太陽光住宅にする場合には国・地方自治体から補助金は出ますが、
これから生活をするうえで光熱費・売電収入というものがあり、
長期にわたって使っていくものになるので、導入する場合には、
いろいろなことを考える必要があります。

現在では、住宅を購入する際に太陽光発電が標準装備された、太陽光住宅にも人気が高まってきています。

太陽光発電住宅・ローン0円住宅|千葉・船橋の工務店

太陽光発電を導入した時にかかる初期費用の回収は10年以内が望ましいといわれています。
補助金が出て、売電収入額によっては10年かからず8年くらいで回収できる場合もありますが、
効率(節電など)のよい運転の仕方をすることで短い期間での改修をすることができます。

ただ、太陽光発電システムを導入するのではなく、
導入後のことも見据えて考えることが大切になります。

太陽光発電システムを導入する費用は目安となる基準があり、
1kW当たり41万円・50万円になります。

発電能力が3.5kWという場合には初期費用・工事費を合わせて41万円×3.5になるので、
143.5万円くらいになり、50万円の場合には175万円くらいになります。

太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)から給付される補助金、
が41万円以下・50万円以下というように2段階になっています。
なので、60万円/1kWの場合には国の補助金制度を活用することができません。

国の補助金制度を活用する場合には工事費を含めて
1kwあたり41万円以下・50万円以下での見積もりを作成してもらう必要があります。

ですが、この国の補助金制度を基準は目安になるので、その年によっては65万円以下だったり、
55万円以下でも交付されている都市もあるようです。

太陽光発電住宅にするには必要な機器があります。

  • 太陽電池モジュール(3.5kWシステム)
  • パワーコンディショナー:23万円
  • 分電盤
  • 発電モニタ:5万円
  • 電力量計:売電・買電メーター

太陽電池モジュールは1枚7万円になるので、設置枚数により変ってきますが、
20枚設置するとなると14万円になります。

リモコン・ケーブルなどで2万円くらい、設置架台が12万円くらい、
架台工事費が8万円くらい、太陽電池モジュール設置工事費が16万円くらい、
電気配線工事費が12万円くらいになります。

一般的な住宅に導入した場合には容量が3~5kwになると123~205万円くらいになります。

コメント欄は閉じられています。