SEO

SEO

検索エンジン最適化を、略してSEOと呼びます。(英語でSearch Engine Optimization)

これは、ある適当の検索エンジンを対象として、検索結果でより上位に現れるようにウェブページの内容を書き換えることや、その技術のことをいいます。

検索エンジンサイトでキーワード検索結果を表示したとき、上位に表示されるページと下位に表示されるページとでは、クリック率や誘導率にかなり大きな差が出ます。

最適化の対象になる検索エンジンは、主にGoogleとYahoo!

Googleなどで検索したときに最初のページに出るものほど、たくさんのアクセスを見込むことができるため、ウェブサイトを運営する人々は、検索結果で最初のページに表示されるウェブサイトを作ろうと、順位の決定アルゴリズムを分析し、検索エンジンサイトから見たウェブサイトの修正、最適化を実施しています。

 

最適化の方法

検索エンジン最適化をする方法は、たくさんあります。基本的なものとしては、適切なキーワードをタイトルやページの先頭に持って来るという方法です。

 

キーワードを分析する

ターゲット層に属するユーザーが、どういったキーワードで必要とする情報を探しているかを理解するために、目的のキーワードを分析します。

ユーザーは、製品やサービスの比較を行なった上で、条件に合った商品やサービスを取り扱っているウェブサイトを訪れることがよくあります。このとき、検索ボックスには固有名詞や特定の機能名ではなく一般的な名称を打ち込まれることが多く、このときに打ち込まれやすい語句のことを目的キーワードなどと呼ばれています。この目的キーワードをウェブページに設定すれば、効率的に検索エンジンに表示されることができます。

 

リンクを作成する

ウェブサイトは外部のページからリンクされていればされているほど検索エンジンにひっかかりやすくなります。そのため、SEO対策として、自社のサイトと関連した外部のウェブサイトにリンクを求めたり、自社で運営している既存の別サイトから適切な誘導としてリンクをはったりすることが行なわれます。

また、ウェブサイト上の全てのページからリンクされたサイトマップを設置することで、巡回するロボットがサイト内の全てのページを索引化してくれるため、サイトマップを設置することが望ましいとされています。全てのページからリンクされたサイトマップは、ユーザビリティを向上させることにも役立つため、ウェブサイトにとっては非常に有用なものといえるでしょう。

 

HTML

検索エンジンはHTMLに記述された各要素を読み取っていると考えられています。そのため、重要なキーワードはmetaタグなどで囲って強調しておくと良いとされています。

たとえば、ウェブサイト上に掲載するテキストなどの見出しは、fontタグで大きく表示させるよりもh1などの見出しタグで強調した方が、検索エンジンから見て認識しやすく、見出しに使われた単語が検索でヒットしやすくなります。

 

SEO対策において注意すべき点

SEO対策は、適当に行なうとかえってウェブサイトにとって良いアクセスを生むことの妨げになったり、PCDAのための正確なデータを取ることが難しくなったりするため、不適切にならないように注意することが必要です。

たとえば関係のないキーワードを大量に埋め込んだりすると、多くの検索ワードにひっかかり、アクセスは増えますが、ウェブサイトの内容と関係のないキーワードでアクセスして来たユーザーにとっては時間の無駄でしかないため、かえって悪印象を与えることになるでしょう。

企業によっては不正な方法でリンクを集めたり、リンクの売買をすることによってSEO対策をしているところもありますが、これによって大手の検索エンジンから検索スパム行為とみなされることもあります。

コメント欄は閉じられています。