ダイレクトメール

ダイレクトメール

ダイレクトメールとは、個々人や法人宛に宣伝目的で商品の案内やカタログ、サービスの告知などを送付する方法をいいます。

ダイレクトメールの在り方としては、自宅に直接送るもの、FAXを使って送るもの、電子メールを利用するものなどがあります。

これらを送るには当然、自宅の住所を知っている、FAX番号を知っている、電子メールのアドレスを知っているなど、送る相手の個人情報を知っていることが必要になります。

これらの情報を面識のない企業に知られているとなると、受け取り側はダイレクトメールの送り主に不信感と不快感を抱くことになります。このため、ダイレクトメールは相互に認識し合っている関係で利用したほうが、効果的です。

 

ウェブページへ誘導

ダイレクトメールを使ってウェブページへの誘導をするときには、紙媒体のときには告知したい内容と一緒にQRコードやウェブページのURLなどを印刷し、自社のウェブサイトの携帯用コンテンツにアクセスできるようにします。

電子メールのときには、URLを掲載してウェブページへ来てもらうようにします。

ただQRLコードが貼られていたり、URLが書いてあるだけでは、おそらくウェブページまで来てくれる人はほとんどいないでしょう。

そこへ行けば何があるのか、何か良いことがあるのか、そのことをユーザーは期待しています。

また、甘い誘い文句が付いたダイレクトメールを送ってウェブページへ行って、内容がすかすかだったのでは信用ががた落ちになってしまいます。

ダイレクトメールによるWeb集客を行なう際には、ウェブページがユーザーにとって有用な情報や得する情報満載になった状態が好ましいでしょう。

これによってユーザーが、その企業から届くダイレクトメールを少なからず楽しみにしてくれるようになります。

 

売り込みをしない

ダイレクトメールを使ってウェブページへ来てもらうには、あからさまな勧誘目的のメールにしないことが大切です。ウェブページに来ることで、ダイレクトメールに書かれている内容よりも更に有用な情報を得られることや、無料で何らかのメリットが得られるなどを告知するために使うほうが、集客につながると言えます。

メッセージ性が売り込みの要素だけになると、ただの迷惑メールのようになってしまい、せっかく頑張ってダイレクトメールを送っても、イメージダウンにしかなりません。

世の中には、怪しげなポスティングメールや、迷惑メールなどが蔓延しているため、ダイレクトメールという手段を使うときにはそれなりの、顧客に対する配慮が必要となるでしょう。

特に電子メールによる告知などは、ユーザーにとってどうでもいい内容のメールで重要なメールが埋もれてしまうことになったりすると、これはユーザーにとっては不快きわまりないものです。

こちらから送るメールが、そのような迷惑メールに分類されないようにすることは非常に大切なことです。

ただの迷惑なダイレクトメールにならないためには、受け取る側の人にとってメリットのあるものであることが必要です。

 

文面などをよく考える

ダイレクトメールを送るときには、タイトルやキャッチコピー(電子メールのときには送信者名と件名)などがキーです。

受け取った人が一目で「また宣伝だ」「またどうでもいいメールだ」とおもったら、これらはすぐに捨てられることになります。

今アクセスすればウェブページに何か利用できる特典があるということを、少ない文字数でも伝わるようにすることが大切です。

コメント欄は閉じられています。