二世帯住宅のタイプ

もし、あなたが二世帯住宅で暮らすことを考えているのなら、
自分と自分の世帯だけの理想ではなく、
二世帯分の理想つまりみんなの理想を知り、
理想の二世帯住宅のイメージを固めることが大切だそう。

二世帯住宅を成功に導くのに9つの成功ポイントがあります。
http://www.txw-chumon.com/e57.html


1.生活の基本構想

2.家族みんなのご要望のまとめ方

3.多彩な設計提案力

4.火災対策

5.防犯対策

6.音への配慮

7.省エネ・ヒートショック対策

8.災害時に強い家

9.ユニバーサルデザイン

せっかく、みんなで楽しく暮らそうと思っているのに家ができる前に喧嘩して、
果ては頓挫してしまうなんてことがあったら悲しいですよね。

そうならないために、9つのポイントをきちんと考えていきましょう。

ポイント1、二世帯住宅のプランニングの基本です。
同居スタイルに合わせた建物分離です。大きく分けると、『完全共有』・『部分分離』・『完全分離』の3タイプがあります。

ポイント2、ご家族みんなのご要望のまとめ方
家族同士かつ家づくりの当事者ゆえに見えていあないことがあったり、言い出しづらいこも多くなります。第3者的な視点でのアドバイスが助けになる時もあります。

ポイント3、多彩な設計力
設計の基本3項目の1.動線計画、2.通風・採光計画、3.収納計画 を重視した提案を得る。

ポイント4、火災対策
大切な家と大切な家族を守るために火災対策を行いましょう。

ポイント5、防犯対策
五分以内に侵入できない家に対して犯罪者の7割は犯行をあきらめるそうです。

ポイント6、音への配慮
同じ家族でも、行動時間もまちまち、就寝時間もまちまちです。二世帯住宅だととても音が気になるので、きちんと遮音しましょう。

ポイント7、省エネ・ヒートショック対策
光熱費を抑えながらも冬場のヒートショックの発生を軽減できる対策をしましょう。

ポイント8、災害時に強い家
耐震など、きちんとした防災対策をしましょう

ポイント9、ユニバーサルデザインつまり、普遍的な、全体のデザインという意味です。
年齢ややハンディキャップの有無などにかかわらずに、多くの人が利用可能なデザインをしましょう。

これらのポイントが気になる方は株式会社ティーアンドダブリュー
http://www.txw-chumon.com/e57.htmlを見てみてください。
二世帯住宅成功のポイントが書いてあるリーフレットを
今だけ無料プレゼントしているそうです。

コメント欄は閉じられています。