二世帯住宅とは

二世帯住宅というのは、二つの世帯が同時に一つ屋根の下で生活することを指します。よくあるケースとしては、両親と長男家族が一緒に生活する場合が一般的のようです。

二世帯住宅には、家事・育児・経済的なメリットなどといった、いい点もいろいろありますが、事前にきちんと計画しておかないと、いずれ様々な問題が発生してしまう可能性があるのです。

なので、二世帯住宅を建てる際には設計がとても重要なポイントといえるのです。

共同生活する前に、きちんと双方でしっかり話し合いをしてから間取りの打ち合わせに入る方が無難だといえます。二世帯住宅を建てる上での、もっとも重要なポイントというのは、やはりお互いのプライバシーの確保だといえます。現在の関係性だけでなく将来のリスクも想定して共用部分や防音対策などを考えなければなりません。

例えば、玄関・浴室・キッチンは各々別にするとか、双方の家族の生活形態に合わせての設計しなければなりません。家を建ててからでは遅すぎるのです。

また一口に二世帯住宅と言ってもプランは大きく分けて三通りあるのです。一つ目のプランは、玄関・浴室・台所などは共同で使うようにしたものです。

二つ目のプランは、二世帯住宅を縦割にして使うという間取りです。玄関・浴室・台所はおのおのの世帯で個々に使えるようにします。公的資金を借りる場合は、双方の世帯が行き来できるように扉を付けなければ検査には通らないので注意してください。

三つ目のプランは、二世帯住宅を横に割ってという感じで使うといった方法です。一階部分には親世代が使えるようにするのが一般的のようです。そして二階部分には外階段を付けて息子夫婦が使えるようにするといった形です。一・二階フロアーに玄関・浴室・台所・トイレを設けます。公的資金を借りる場合においては、一階、二階の間には行き来できるように、内階段を設けなければならないのです。

二世帯住宅をお考えのかたは一度、注文住宅・間取り・技術集団のティーアンドダブリュー(T&W):東京・埼玉・千葉・神奈川に相談されてはいかがでしょか?

コメント欄は閉じられています。