二世帯住宅の登記と節税

二世帯住宅の建築や、一棟の建物を二世帯住宅などに改築する場合においては、あらかじめ税金の損得等を念頭において建築計画や資金計画また、登記等の検討を行うことが賢いやり方だと思います。

二世帯住宅を登記する際においては、単独登記・共有登記・区分登記の3つの登記方法から選ぶことができます。それぞれの登記方法の特徴やメリットをしっかり把握しておけば節税が期待できるのです。

まず単独登記というものですが、これは住居を親子どちらかの名義で登記する事です。どちらか一方が建築資金を用意する場合には、この登記方法になります。もし、両方が建築資金を分担して単独登記してしまうと、名義人に対する贈与が行われたとみなされてしまい、贈与税が課せられてしまうのです。ただ、親世代名義で登記している場合には、相続にあたって相続税が発生してしまいます。

またこの登記方法を行うには、家の中で行き気ができる構造になっている必要があるのです。

次に共有登記というものですが、これは親子の出資割合に応じて共有名義にするという登記方法です。頭金を用意したり、ローンを分担したり、といった出資があった場合には、その人を名義人に含めないと、贈与があったものとみなされ課税されてしまうのです。

また、共有名義にする事によって、親子それぞれが住宅ローン控除を受けられる等ののメリットがあるのです。

最後に、区分登記というものですがこれは所有権を親子で完全に分けて登記するといった方法です。共有登記と同じく、親子世帯ともに住宅ローン控除を受ける事ができます。共有登記に比べると、1戸あたりの面積が小さく計上できることから、 不動産取得税や登録免許税・固定資産税そして都市計画税などが軽減されるのです。

また、住宅ローンにおいても、親子で2口利用することができる為、資金計画面で余裕を持つ事が出来ます。

ただ、 区分登記するためには、2戸が別の住宅とみなされねばならないため、構造上の独立と機能上の独立を確保する必要があるのです。

また、機能上の独立で問題とされるのは、単独の区分内で戸外に出入りできるといった機能で、玄関は2つ設けなければならないのです。

以上の点に着目して、二世帯住宅の建設する際の参考にしてみてください。

 

コメント欄は閉じられています。