一人の時間の大切さを痛感

小さい子供がいると、自分だけの時間ってなくなりますよね。
でもそうすると、ストレスで押しつぶされそうになる自分がいます。

私が日々痛感しているのは、一人の時間の大切さです。
どんなに短くてもいいんです。
ゆっくりとコーヒーを飲むだけで違うと思うんです。
その時間があるのとないのとでは、
子供に対してのいらいらする頻度が減るように感じます。

我が家には2歳になる息子と4ヶ月の娘がいますが、まぁどちらも目が離せません。
息子は何をしでかすかわからないし、
娘は寝返りを楽しむようになってきたので、どこでもころころ。
常にアンテナを張り巡らし、目を光らせる感じになっていました。

でもそれだと、子供も自分も休まらないことに気づき、
何とかして一人時間を持つようにしてみました。
その時間で少しでもいいから気持ちをリセットするようにしています。

夜は子供たちが寝たらフリーです、
が私も寝てしまうことが多くなかなか思うように時間がとれませんでした。
旦那のお弁当も作らなきゃいけないし、
子供たちが寝てるときじゃないとできない家事もありますよね。

だから日中の子供たちの昼寝時間を自分時間にしています。
そのときはPC作業もしないし家事もやりません。
自分の楽しみとリラックスのために時間を使っています。
最近のお供は、スマホで好きな音楽を聴きながら飲むコーヒーと、内緒で買ったおやつ。
息子が起きてきたらその時間は終了。
一人の時間を楽しむために、思いっきり子供とかかわるようになったので一石二鳥になっています。

コメント欄は閉じられています。