SiteCatalyst

SiteCatalystとは

Adobe Systemsが提供する有償のアクセス解析ソリューションです。規模の大きなサイト向けと言われており、実際にヤフーや楽天、価格.com、ジャストシステム、花王など、かなりの数の大手企業がウェブサイトの解析にこのツールを利用しています。

SiteCatalystのプロモーションサイトには価格が発表されていません。これはおそらく利用する企業によって価格が変わって来るためとおもわれます。

SiteCatalystには、様々な機能やツールがたくさん用意されています。企業がウェブサイトをどのように分析したいかによって、それらの機能やツールを組み合わせることができ、リアルタイムで解析結果を知ることができます。

SiteCatalystの機能は以下の通りです。

 

トラフィックレポート

トラフィックレポートは、ページビューや、訪問者数など、基本的な情報がわかる機能です。SiteCatalystではこれらのデータを利用して独自の指標に従ったデータの閲覧をすることが可能になっています。また、最も頻繁に開かれたページや、離脱の多かったページ、訪問者数、アクセス元の市区町村などを、数値の多い順にランキング形式で表示させることができます。

また、一人の人がどのくらいページを見たかなど、細かい指標で解析結果を見ることも可能です。

 

コマースレポート

コマースレポートは、コンバージョンに関わる情報を計測した結果をヒョジしたものです。

申し込みや購入に至ったユーザーがどこからやって来たのかなどを知るのに役立ちます。また、特定の宣伝を行なう目的でバナーを作ったとして、そのバナーからやってきたユーザーが目標ページにまでたどり着いたかなども把握することができます。これらの情報を見ることは主に、広告戦略や、サイト内を成果のために最適化することなどに役立ちます。

コンバージョン率のページでは、異なる条件かでのコンバージョン率を比べてみられるように表示できるほか、キャンペーンごとにその効果を測定したり、検索キーワードごとの効果を調べることもできます。

 

パスレポート

パスレポートは、サイト内でのユーザーの行動を図にして分かりやすく表示するものです。

ユーザーがどこのページからどこへ移ったのかなどを視覚的に確認することができるため、ウェブサイトを作ったときに想定した流れの通りにユーザーが動いているかどうかを確認するのに役立ちます。

サイトに入って来てからユーザーがコンバージョン前に離脱してしまうことが多いときに、離脱の原因となっているページを見つけ出す機能も備わっており、また、そのページの何が問題となっているのかを探る機能も備わっています。

 

資料作成・ツール

上記の機能以外で、アクセス解析ツールをもっと使いやすくするための機能が、資料作成やツールなどの機能です。

Click Mapは、ウェブページに表示しているリンクボタンの中でもどのボタンが一番クリックされているのかを表示する機能です。離脱するユーザーが多いページを見つけたとき、そのページの中の問題点を探すとき等にこの機能を使うと良い、とされています。たくさんクリックされているリンクボタンと、クリックされることがあまりないリンクボタンを見分けることができるためです。

EXCEL for CLIENTは、エクセルでSiteCatalystのデータをとりだして、分析に直接使うための機能です。SiteCatalystのほうで設定を行なって、エクセル用にフォーマットとグラフを作成すれば、次回からはボタンをクリックするだけでエクセルファイルでのレポートを作成できるようになる、とされています。

ダッシュボードは、データの中でもいつも見るデータを並べておいて、一目で簡単な状況を把握できるようにしておく機能です。見やすいようにカスタマイズして、見たい分だけ保存しておくことができるようです。また、他のユーザーと共有することや、ファイルにしてダウンロードすることもできるため、会議などで使用する資料として、すぐに役立つという利点があります。

 

これだけの豊富な機能を揃えたSiteCatalystが非常に役立つときというのはおそらく、分析しなければならないデータがあまりにも多いときでしょう。

膨大なアクセス数の中で、1人1人のユーザーの動きをきちんと見なければならないと感じるときのアクセス解析ツールはかなり高機能である必要があります。逆に、規模がそれほど大きくないときにはこのような高機能は余るように感じられるでしょう。

SiteCatalystの図解入りのもっと詳細な説明は、SiteCatalystのプロモーションサイトに掲載してあります。http://www.site-catalyst.jp/index.html

コメント欄は閉じられています。