冬の必需品のストーブについて

ストーブとは一般的に石炭・石油・ガスなどを燃やしたり,電熱を利用した暖房器具すべてを指します。

石油ファンヒーター・ガスファンヒーター・オイルヒーター・石油ストーブ・セラミックヒーター・ハロゲンヒーター・電気ストーブ等の種類があります。

ヒーターやストーブには、部屋全体を暖めるタイプと、部分的に暖めるタイプとがあり、ヒーターやストーブの用途とそれぞれの特徴をよく知ったうえで機具を選ぶことがポイントといえます。

ではそれぞれの特徴を簡単に述べていくと、まず石油ファンヒーターは、灯油を燃焼させて部屋を暖めてくれます。強力な暖房能力があるので、広い部屋に向いているといえます。燃料は石油と電気です。

ガスファンヒーターは、ガスを燃焼させ、素早く室内を暖めてくれます。燃料タンクがないので、軽くてコンパクトなのが特徴です。燃料はガスと電気です。

オイルヒーターは電気で温めた難燃性オイルでゆっくり室内を暖めてくれます。安全で清潔なのですが暖まるまでに時間がかかるのが難点かもしれません。燃料は電気のみです。

石油ストーブは、灯油を燃焼させ、部屋全体をくまなく暖めてくれます。燃料は石油のみです。

セラミックヒーターは、速暖性があり安全性も高く、室内を暖めながら部屋の加湿、除菌も行ってくれます。燃料は電気の他にガスのタイプと灯油のタイプとがあります。

ハロゲンヒーターは、速暖性が高く、赤外線電球の反射鏡による放射熱で周囲を暖めてくれます。燃料は電気のみです。

電気ストーブは、速暖性が高く、遠赤外線で周囲を暖めてくれます。縦長でコンパクトなものは、台所や脱衣所、トイレで使うのに適しています。これも燃料は電気のみです。

燃料費が安いのは、石油ファンヒーターとガスファンヒーターで1時間あたり約6~8円くらいで、また燃料費が高いのは、セラミックヒーターとオイルヒーターで1時間あたり約27円~29円くらいですが効率よく使用することで、光熱費を上手に節約できるのです。

詳しくはhttp://www.yamadadenkiweb.com/search/search.t.html/c/102005001/をチェックしてみてください。

 

コメント欄は閉じられています。